国立病院機構 小倉医療センター

   薬 剤 部
理念:安心・安全で効果的な薬物療法を目指しています。

調 剤 業 務

 医師の処方箋により患者様のお薬をつくる業務です。
電子カルテ・オーダリングシステム、処方監査システムを導入し薬剤師の立場からお薬の相互作用や正しい投与量であるかを見極め、 処方箋の内容を確認してから調剤を行います。疑義があれば処方医に照会を実施します。
調剤を終えたお薬は他の薬剤師が監査し、病棟や患者様にお渡ししています。飲み忘れ防止のために一包化(ワンドースパッケージ)も実施しています。
 当病院の薬剤部は土日祝日夜間24時間体制で薬剤師が調剤を実施し安全・安心な薬物療法を心掛けています。

調 製 業 務

 がん化学療法がレジメンどおりに行われているか、患者様の検査値や状態等を確認し、抗がん剤を無菌的操作で調製を実施しています。 安全ながん化学療法の重要な役割を担っています。また、注射薬の一部(高カロリー輸液)や消毒薬、院内製剤および市販されていない特殊な薬品も無菌的 に混合調製を実施しています。わずかな菌でも混入すると患者様に多大な被害を与える事があるため細心の注意を払って調製しています。

薬剤管理指導・病棟薬剤業務

 当院では、各病棟にそれぞれ担当薬剤師を配置しています。
  まず、患者様が入院した際に持ち込まれたお薬(持参薬)について確認を行い、お薬の内容や飲み合わせのチェック、院内採用薬への切り替え、患者様の腎機能に応じた処方量の提案などを行います。
 また、患者様が安心してお薬を服用して頂けるように説明を行い、お薬による副作用などがおきていないかなどの確認を行います。
 その他、医師や看護師などの医療スタッフへ医薬品情報を提供することも重要な業務のひとつです。

医 薬 品 情 報 業 務

 医薬品メーカーやPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)などから入手した薬剤に関する有効性、安全性、相互作用などの情報を院内へ情報発信しています。 また、医療スタッフからの薬剤に関する問い合わせにも回答しています。

薬 物 血 中 濃 度 解 析

 投与されたお薬の血中濃度を解析することにより、患者様に対して最適な投与量を計算し、医師に提案しています。

チ ー ム 医 療

 当院では薬剤師が様々なチーム医療(NST、ICT、AST、緩和ケア、化学療法チーム、リエゾンチームなど)に参画し医師や看護師、他の医療スタッフ等と連携し活動を行っています。

薬学部6年制長期実務実習

 当院では、実務実習の受け入れを積極的に行っており、調剤・製剤・抗がん剤調製・薬剤管理指導・病棟薬剤業務・医薬品情報管理など様々な実習を通じ、 薬剤師業務に関する基本的知識、技能等の修得をできるように実習を行なっています。

ス タ ッ フ

 薬剤部長1名    副薬剤部長1名    調剤主任1名    製剤主任1名
 薬務主任1名    治験主任1名     薬剤師10名    薬剤助手2名
 治験看護師1名   治験事務助手1名
前ページへ戻る
ページのトップへ戻る