国立病院機構 小倉医療センター

臨 床 検 査 科

 臨 床 検 査 科 

理念:「いつもありがとう」と感謝される検査科を目指します

(基本方針)
 一、迅速で正確な検査結果を提供します。
 一、思いやりのある対応を心がけます。

小倉医療センターの臨床検査科の概要をご紹介いたします。
医師2名、臨床検査技師19名、看護師1名、事務助手1名の23名の人員により、一般・血液学検査、生化学・免疫学検査、細菌・微生物学検査といった検体検査部門、 病理学・細胞診検査診断部門、生理機能検査部門で構成され外来採血も臨床検査技師がおこなっています。
臨床検査とは人の体液(血液、脊液など)、排泄物(尿、便、痰など)、組織(臓器、 筋肉、皮膚など)を生物化学的に分析、 あるいは直接患者さんから得られた微弱な電気信号 (心電図、脳波など)を物理化学的に解析したり超音波画像をもとに臨床診断の補助をする業務です。
今日の医療の進歩発展は目覚しく臨床検査の分野においても時代に応じた新たな検査を導入しています。また技術や知識および検査精度向上に努めるべく各分野には認定資格を持つ技師を配置しています。
 医師  臨床検査科長  1名
 副臨床検査科長  1名
 技師  臨床検査技師長  1名
 副臨床検査技師長  1名
 主任臨床検査技師  6名
 臨床検査技師  10名
 看護師  看護師  1名
 事務  助手  1名

人員構成一覧 H31年4月現在

 認定輸血検査技師  2名
 認定病理検査技師  1名
 細胞検査士  3名
 超音波検査士  3名
 日本糖尿病指導士  1名

認定技師一覧 H31年4月現在

~地域と笑顔で繋がる病院~をテーマに毎年「春ヶ丘祭」が開催されており、 職場体験、健康フェアなどのスタッフとして協力しています。

令和元年10月26日開催時の様子

前ページへ戻る
ページのトップへ戻る